旅日記 チェコ クトナー・ホラ

クトナー・ホラ、セドリツは思ったより誰もいないっす

投稿日:2016-06-23 更新日:

乗り換え駅、コリンから乗った電車はこれです。

今度は、プラハから来た時の列車とは違って、ローカル感たっぷりの電車です。

だいぶ電車の中も、ECと各駅とでは違いがあって、写真撮りたかったんだけど、

隣のボックスシートにいたお兄さんに、到着するまでの間ずーっとガン見されて、

なんか、ちゃんと撮れませんでしたぁ。(;´・ω・)





みなさんには、ありますでしょうか。

なんか見られてるので、挨拶したら、それでも何も返してもらえないままガン見されるということが!

この生き物はなんなんだ!?って見開いた目でガン見されるということが!!

あ、ラオスのスローボードに乗る前にあったような気がする。。。デジャブ?いやジャメヴなのか??

 

と、とりあえず。

 

ここまでに乗ってきた電車とはまたちょっと違うのが、わかります??

わかりずらいですよね。ごめんなさい。

 

地元に居た頃乗ってた、総武本線を思い出しました。

車内も、急にエアコンが効かなくなって蒸し暑かったです。

 

窓の外は、こんな景色。

 

プラハの大都会から、すっかり田舎に来ましたね。


プラハを出発して、コリンで乗り換えて、だいたい全部で50分くらいでしょうか。

とりあえず、時間通りに到着しました。

 

クトナー・ホラ本駅。(Kutna Hora hl)


クトナー・ホラとは、プラハから東へ離れたところにある地名です。

ちなみに、クトナー・ホラ本駅と、クトナー・ホラ・ムニュスト駅っていうのがあります。

西新宿と新宿みたいな感じです。

 

本駅を降りたところにある町はセドレツという地区。

ムニュストの方は、旧市街のある場所です。

 

まずは、本命のお目当ての場所があるセドレツへ向かいます。

 

これは、駅の外観。

でもって。

写真を見てもわかる通り、降りた客、ほとんどいません。

 

私はずっと行きたいと思ってた町だったので、観光客で激混みかと思いきやこれだったので、かなり驚きでした。

で、同じ電車を降りた数名の人達、みーんな違う電車に乗り換えてどこかへ行ってしまいました。

 

ってことは。

降り立った観光客、私一人です。

 

やばい!!高まる!!(゚∀゚*)

 

外国の田舎町に降り立つ。人は。。。いない!! いや、いないわけないけど

こんなの、完全なる冒険じゃないですか!!

 

普通の緑の道すら、ビヨルンの森に続いてる道みたじゃないですかっっ!! by Hobbit

日本を離れ、ヨーロッパ旅。

ついにチェコの田舎に来てしまった。

 

道の横には、可愛い白い花が咲いていて。


 

空には、流れ星みたいに無数に降ってくるひこうき雲が、青に落書きしてます。


こんなの見た事ないよー。素敵。

 

おおっっ。

海外でしか見られない、車を運ぶ貨物列車に遭遇できました。

カートレインってやつですね!!

 

ずーっと、慣れない海外の外国人の中にいて、人もたくさんだったので、

景色とか町の空気だけを感じられる場所に来ると、清々しいです。

 

やっぱり、来てみたかっただけあって、この町イイ!!

わくわくする!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, チェコ, クトナー・ホラ

執筆者:


  1. 百地三太夫 より:

    はじめまして
    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいています。

    プラハ、素敵な所ですね。

    ところで…

    >この生き物はなんなんだ!?って見開いた目でガン見されるということが!!

    アメーバの友人で、プラハに嫁いだ方が居るのですが、
    確か、似たような事を言っていた気がします…
    突っ込んだ話は聞いていないのですが、
    あっちでは東洋人は珍しいんでしょうか…

    それとも黄色人種に対して、差別的な意識があるのか…

    あんまり良い気はしませんよね…
    美しい街なのに…

    旅行記の続きも楽しみにしてます(^_−)−☆

  2. shinosan より:

    空が深く 広く おおらかな時が流れているって感じるのは、私の思い込みでしょうか。
    旅たのしんでくださいね!

  3. うーちゃん より:

    こんばんは
    写真がとてもきれいですね。
    自由な冒険、いつもわくわくしながら拝見してます。
    憧れます。海外一人旅。

comment

関連記事

プエルトイグアスからブエノスアイレスを目指して

14:50、ブエノスアイレス行きのバスが到着しました。   長距離バスの乗り場へ行くには、改札みたいなのがちゃんとあって、 係員の人に従って、チケットを見せてから乗り場へ行けます。 &nbs…

続きを読む

魅惑のトランジット

南米行くなら、どこ経由??? アメリカ、オセアニア、 はたまた、逆を行って、ヨーロッパとか、アフリカとかもあるらしい。 で、今回最初に狙ったのは、オセアニア経由。 第二の故郷ニュージーランドへの里帰り…

続きを読む

ラパスの月の谷へと行く・・・のだけど

目的地の月の谷へは、学生広場より乗り合いバンで行くという情報しかありません。   乗り場があるの? どうやって乗るんだろう??   疑問は尽きないけど、行ってみるしかありません。 …

続きを読む

チェコの田舎を散歩する

プチパニックに陥りながらもクトナー・ホラ、ムニュスト駅に到着すると、 想像をはるかに超えて誰もいない田舎町が広がっていました。 駅前ですら、こんな感じ。 これ、観光地と言っていいのか?ってくらい、ひと…

続きを読む

やっぱりなんか暗いって

ドミトリーには、寝る時まで誰も来ず、一人だと思ってたけど、夜中爆睡してたら誰か来た。   でも、眠すぎて起きられず。 で、朝方部屋に鳴り響くヘビメタの歌で目が覚めました。   同室…

続きを読む

メコンデルタ 島に生えるフルーツの木々

そしてまた、船に乗り込み、ちょっと走ったら、小さな島でランチです。 ここでもまた、例のわがままスペイン人軍団が、ランチより先に島を散策したいとか言い出しました。 ハンサムスリムに却下されていましたが。…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link