旅日記 チェコ クトナー・ホラ

クトナー・ホラ、セドリツは思ったより誰もいないっす

投稿日:2016-06-23 更新日:

乗り換え駅、コリンから乗った電車はこれです。

今度は、プラハから来た時の列車とは違って、ローカル感たっぷりの電車です。

だいぶ電車の中も、ECと各駅とでは違いがあって、写真撮りたかったんだけど、

隣のボックスシートにいたお兄さんに、到着するまでの間ずーっとガン見されて、

なんか、ちゃんと撮れませんでしたぁ。(;´・ω・)





みなさんには、ありますでしょうか。

なんか見られてるので、挨拶したら、それでも何も返してもらえないままガン見されるということが!

この生き物はなんなんだ!?って見開いた目でガン見されるということが!!

あ、ラオスのスローボードに乗る前にあったような気がする。。。デジャブ?いやジャメヴなのか??

 

と、とりあえず。

 

ここまでに乗ってきた電車とはまたちょっと違うのが、わかります??

わかりずらいですよね。ごめんなさい。

 

地元に居た頃乗ってた、総武本線を思い出しました。

車内も、急にエアコンが効かなくなって蒸し暑かったです。

 

窓の外は、こんな景色。

 

プラハの大都会から、すっかり田舎に来ましたね。


プラハを出発して、コリンで乗り換えて、だいたい全部で50分くらいでしょうか。

とりあえず、時間通りに到着しました。

 

クトナー・ホラ本駅。(Kutna Hora hl)


クトナー・ホラとは、プラハから東へ離れたところにある地名です。

ちなみに、クトナー・ホラ本駅と、クトナー・ホラ・ムニュスト駅っていうのがあります。

西新宿と新宿みたいな感じです。

 

本駅を降りたところにある町はセドレツという地区。

ムニュストの方は、旧市街のある場所です。

 

まずは、本命のお目当ての場所があるセドレツへ向かいます。

 

これは、駅の外観。

でもって。

写真を見てもわかる通り、降りた客、ほとんどいません。

 

私はずっと行きたいと思ってた町だったので、観光客で激混みかと思いきやこれだったので、かなり驚きでした。

で、同じ電車を降りた数名の人達、みーんな違う電車に乗り換えてどこかへ行ってしまいました。

 

ってことは。

降り立った観光客、私一人です。

 

やばい!!高まる!!(゚∀゚*)

 

外国の田舎町に降り立つ。人は。。。いない!! いや、いないわけないけど

こんなの、完全なる冒険じゃないですか!!

 

普通の緑の道すら、ビヨルンの森に続いてる道みたじゃないですかっっ!! by Hobbit

日本を離れ、ヨーロッパ旅。

ついにチェコの田舎に来てしまった。

 

道の横には、可愛い白い花が咲いていて。


 

空には、流れ星みたいに無数に降ってくるひこうき雲が、青に落書きしてます。


こんなの見た事ないよー。素敵。

 

おおっっ。

海外でしか見られない、車を運ぶ貨物列車に遭遇できました。

カートレインってやつですね!!

 

ずーっと、慣れない海外の外国人の中にいて、人もたくさんだったので、

景色とか町の空気だけを感じられる場所に来ると、清々しいです。

 

やっぱり、来てみたかっただけあって、この町イイ!!

わくわくする!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, チェコ, クトナー・ホラ

執筆者:


  1. 百地三太夫 より:

    はじめまして
    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいています。

    プラハ、素敵な所ですね。

    ところで…

    >この生き物はなんなんだ!?って見開いた目でガン見されるということが!!

    アメーバの友人で、プラハに嫁いだ方が居るのですが、
    確か、似たような事を言っていた気がします…
    突っ込んだ話は聞いていないのですが、
    あっちでは東洋人は珍しいんでしょうか…

    それとも黄色人種に対して、差別的な意識があるのか…

    あんまり良い気はしませんよね…
    美しい街なのに…

    旅行記の続きも楽しみにしてます(^_−)−☆

  2. shinosan より:

    空が深く 広く おおらかな時が流れているって感じるのは、私の思い込みでしょうか。
    旅たのしんでくださいね!

  3. うーちゃん より:

    こんばんは
    写真がとてもきれいですね。
    自由な冒険、いつもわくわくしながら拝見してます。
    憧れます。海外一人旅。

comment

関連記事

来た時とは確実に違う気持ちでハンガリーを去ります。

ハンガリーフォリントは、ちょっと余ってしまいました。 旅に出て、なんとなくたまたま来てみた国。 こんなことでもなければ、一生来なかったかもしれなかった国。 ハンガリー、ブダペストは、思いもよらず出会い…

続きを読む

ウユニ塩湖のトレイン・セメタリー~列車の墓場

AM10:30 いよいよ、ウユニ塩湖のツアーが始まりました。 車は、真っ白の大地へ!と思いきや、まずは、小さな小屋みたいな場所へ寄って、長靴を借りに行きます。 一応、申し込みの時に、足のサイズは記入し…

続きを読む

昼の華西街観光夜市と剥皮寮、あと漢方なんかも売ってるよ

せっかくなので、龍山寺の街をふらふら散策してみましょう!   こんな感じで、龍山寺を離れたら、とっても静かなエリアな感じです。   観光客もほとんど歩いていませんでした。 というの…

続きを読む

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港での過ごし方

ブエノスアイレスを出て、2時間、 チリのサンティアゴ、アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に到着しました。 いやほんと、長距離バスばっか使ってると、飛行機ってはっやいなぁーと感動レベル。 時間さえあ…

続きを読む

動物は人間の友達ですね

花屋の並ぶ道を過ぎ、小さな水上に浮かぶコテージで休憩。 私はなんだか、悲しいやら、なんとも言えない感情やらで、しょぼーんとしてしまいました。 遺跡の中では、係員のおじさんが笑顔で話しかけてくれて、 花…

続きを読む

ビルケナウ強制収容所ラスト そして生まれた感情

中谷さんのガイドは、ラスト、 このユダヤ人達が生活をさせられていたバラックの中へと、 続きました。 ここも少し前まで、もっとたくさん入れるようなバラックがあったそうです。   でも今現在、立ち入りが認…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link