旅日記 ベトナム ホイアン

魔法にかけられた町ホイアン

投稿日:2014-04-29 更新日:

部屋でゆっくりしたら、散策へGoです!!

やっぱりホイアンは綺麗だけじゃなく平和な町。

今までで一番、魔のバイク軍団も少なくて、シクロの声変えも少ないし、過ごしやすそう!

フエでは、目一杯イライラしてたから、また笑顔で始めたい!

 

 

しかし、再び寒いな。。。

 

天気が悪いからだと思うけど、結構寒くて、縮こまって歩いてたら、

道の隅に溜まっている、シクロやバイタクのおっちゃん達から笑われました。

 

「だって、寒いから!!」

 

いやぁ。苦手な乗り物系のおじちゃん達にも愛想良くできそうです。(笑)

 

お腹すきすきだし、とりあえず、ごはん!!

 

ホイアンは、コムガーのお店がすごく多いので、コムガーは絶対食べたい!!

前回、ベトナムに来た時は、食べられなかったコムガー。今回こそは!!

※コムガー:鶏の茹で汁で炊いたご飯に茹でたチキンが乗っている名物料理

 

地球の歩き方にも載っているお店「ズン」へ行きます。

 

注文したのは、ローストチキンのコムガー

ここのお店、コムガーだけでもいくつか種類があって、どれもおいしそう!

これももちろん、すっごいおいしかったです!(≧▽≦)

 

あとは、このお店の看板娘とみられる女の子がすっごい愛想が良くて可愛い!!

おばあちゃんも私が好きなベトナムのたくましいおばあちゃんって感じで、いい感じ。

2年越しの夢が叶いました~。

 

そして、ちらっと市場を歩き、

(ベトナム、どこの市場へ行っても、コニチハ~って日本語で話しかけてきます。)

ここの市場は、大きなスーパーって感じでした。

 

しかし、ホイアンの町は本当に綺麗です。

”千と千尋~”の世界、はたまた魔法使いが住んでそうな町並みです。

 

私の大好きなロード・オブ・ザ・リングのガンダルフも、ひょいと出てきそう。(●´ω`●)

 

そして、オーダーメイドで服を作ってくれるお店がとても多いです。

 

それから、川沿いには、たくさん土産物屋が立ち並ぶエリアがあって、

凄く変わったお土産屋を見つけました。

 

これ、うちのお母さんが好きそうなお土産です。

普通の旅行で来てたら、絶対買って帰ったけど、

バックパックでは無理です。バキバキになっちゃいそう。。まだまだ、先も長いし。。。

 

しかも、お店の前で職人さんが手作りしているんですね。

へぇ~と思って、写真をパチリと一枚撮ったら。。。

↑この左側に写っている青いコートの女の子が、店の中からダッシュで寄ってきて、

ギュ~っと抱きついてきました!

 

で、私を撮って~って。

もう!!なんて可愛いの!!

日本へ連れて帰っちゃうぞ!!(〃∇〃)

 

デレデレになりました。

 

好きです。ホイアン。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ホイアン

執筆者:


comment

関連記事

クラクフのシンドラーの工場に行く

そもそもなんでポーランドなのか。   それは、何度も書いてきたけれど、世界の紛争、抗争。 戦争によって生まれた大きな過ちなどの負の遺産をこの目でちゃんと見たい。 それが理由でした。 &nbs…

続きを読む

クスコの市場で絶品料理を発見!

大好きな市場がクスコにもあるので、目指します!! サンフランシスコ広場の横の門をくぐって、向かいます。 この門をくぐると、観光客エリアからは、少し遠ざかって、クスコの人々の日常が拡がります。 &nbs…

続きを読む

完全アウェー

ホイアンを出発したバスは、朝7時、起こされました。 ホーチミンまで直通ではないので、バスはニャチャンへ到着したらしい。 全員、降りるように催促されました。   で、降りたところで「サイゴン、…

続きを読む

この旅史上最悪の国境越え カンボジアからタイ

泣きべそだろうが、名残惜しかろうが、時間はどんどん進みます。 タイへの帰還に向かって。   実は、ヤマトから私とゆきさんの他に、もうひとり日本人の男の子が一緒でした。 まだ大学生の彼は、春休…

続きを読む

来た時とは確実に違う気持ちでハンガリーを去ります。

ハンガリーフォリントは、ちょっと余ってしまいました。 旅に出て、なんとなくたまたま来てみた国。 こんなことでもなければ、一生来なかったかもしれなかった国。 ハンガリー、ブダペストは、思いもよらず出会い…

続きを読む

アンコールワットの朝日

4時起床。 眠いけど気合で起きます!   カンボジアは暑過ぎなので、水シャワーもちっとも苦じゃありません。 ヤマトのドミのサウナ状態も手伝って、 シャワー浴びて、扇風機に当たりながら支度をし…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link