旅日記 ハンガリー ブダぺスト

100万ftのブダペストの夜景ってこういうこと!

投稿日:2016-08-10 更新日:

ブダペストで過ごす最後の夜です。

 

この旅の中で一番長く居た街。

宿を延泊してまでだいぶのんびり過ごしました。

 

でも、まだブダペストには、”素敵”が詰まっているんですよ。

とっておきの夜景をみなさんにお見せしたいと思います。

 

 

旅に出てからずっと言ってますが、

この時期は、夜10時頃になってやっと暗くなってくるので、

いったん宿に戻ると出かけるのがめんどくさくなってしまったりもするのですが、

ブダペストの夜景だけは、わざわざ何度でも出かけたいと思うくらい、特別すぎる特別だと思いました。

 

はい。

歩きます!!

 

オペラ座も夜はまた雰囲気違いますね。

 

泊まっている宿から、ドナウ川を目指して歩くとき、いつもデアーク広場を横切っていくのですが、

いつもこの広場には、イベントかってくらい人が集っていて、活気がありました。

日本は、何か流行とかない限り、公園に人があふれるとかないから、

海外のアウトドアを楽しむ精神がいいなぁと思う。

 

さあ、見えました。夜のくさり橋。

くさり橋のライトアップもすっごく綺麗です。

これは、くさり橋の中間からドナウ川を眺めたところ。

夜明けの景色にも似ていますね。

夜明けの色は、どこの国に居てもやっぱり好きじゃないなー。

寂しくて切ない。

 

 

もちろん、ブタペストで一番好きな景色が見られる王宮に来ました。

でも、夜の王宮、あまり人がいなくて雰囲気もちょっと怖いんですよね。

今日は、ちゃんとエスカレーターで登りますよ!!

夜もちゃんと動いてくれています。

 

半分、登ってきたところの景色。

まだまだ、完全に暗くなるには、時間があるみたい。

そして。

さらに坂をめげずに登って、

このちょっと怖い感じの雰囲気にもめげず、

人気のない奥の方で、超あつぅぅぅぅぅいキスを交わしている恋人達にもめげず、

いつもの場所へ!!

 

すると、目の前に拓けました。

 

どーん!!


素敵すぎませんか!?この夜景。

 

ほんっとうに、この旅何度も思ったけど、素敵な景色は、ひとりじゃもったいないって思うくらい、

ヨーロッパの景色は、濃く眩い。

 

お店なんかは、ちょっとずつ変わっていっても、

なんだかきっとヨーロッパの景色は、大きく変わらない気がして。

むしろ変わらない強さを、

破壊されない強さを、

いつまでもいつまでも、ブダペストには、守り続けていてほしい。

そして、この明かりの中で暮らす、たくさんのブダペストの人達の笑顔も、

共にありますように。

 

夜のくさり橋は、綺麗だけど、真っ暗な川面を見ちゃうと若干怖いので、遠くを見ながら渡ります。

それにしても。。。

旅人との出会いを期待して来た日本人宿。

最後まで、女子ドミは、誰も来ませんでした!!!残念過ぎるっっっ(ノ◇≦。)

 

一人記念撮影。

って、

一人を残念に思うこともあれば、誰かと一緒でも残念なことも多々あるんです。

もちろんドミトリーならではですね。

そんな話もまた、そのうち。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    いい思い出のブダペスト

    ヨーロッパは何百年も建物の雰囲気が変わらないこともあるのですね。

    都市の雰囲気が変わるのは、日本でも外国でも戦争ではないでしょうか。

    日本でも先の大戦で空襲を免れた町は戦前の建物が多く残っていることがあります。
    江戸時代からの建物が残っている場合もあります。

    気をつけて旅を続けてください。

comment

PREV
私の憧れの人は、こんなんじゃなーい!って叫びたかったハンガリー衛兵交代式
NEXT
ブダペスト最終日。ひとり楽しい、ハンガリアンのおばあちゃま達との時間。

関連記事

新しい旅の行き先は香港・マカオ

久しぶりの旅日記、始まります!
トップ画像は、前回の南米旅の最後のバス移動で、目が覚めたら、窓の外に見えた地平線から。。。
そろそろ旅に出たい!新しい年も始まったし、インフルにもさっさと感染して、復活したし。。。

バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

バラナシ初日、宿に向かうリクシャーマンに危ない宿だと大嘘つかれたけれど、 宿はとても快適で、宿の人にはお世話になりました。   バス停に向かう時間まで少し待機させてもらっていたら、 宿のオー…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

古い温泉街みたいな平渓駅

次に降り立ったのは、お隣、平渓駅です。 平渓駅は、とくに何もないけど、素朴な町というか、 古い温泉街の雰囲気に似ています。   日本の駄菓子屋っぽいお店を発見。   売られているも…

続きを読む

待ちに待った日本人との出会い

本当に、ほんっとうにお世話になったトンチャイゲストハウスをついに後にします。 とっても濃すぎる四日間でした。 そして、やーーーーーーっと熟睡できた夜でした。 もう、こちらの岸の遺跡は、充分見たので、明…

続きを読む

ただのマンション、されど益昌大厦

太古と言う駅に降り立ちました。とある景色を見るためです。到着して見上げると、まるで私が見上げているわけではなく、見おろされているんだとしか感じないような圧巻の景色が拡がっていました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link