旅日記 ポーランド クラクフ 負の世界遺産など

古いユダヤ人墓地「Jewish cemetery」

投稿日:2016-09-07 更新日:

マーケットを抜けると、閉館したショッピングモールがありました。

なんだか、こんな大きな建物が営業してないって、

普通以上に寂しい感じですね。

クラクフ市内をはずれただけで、凄い違いです。

ここを抜けて、

地図に載ってるもう一つのショッピングモールへ行ってみようと思うけど、

こんな人もいないし、廃墟もあるし、ちゃんと営業してるのかな。。。

 

 

だんだん、店みたいな建物なんかもなくなって、

アパートや自然が目立つエリアになっていきました。

 

白い花がたくさん咲いていて、

綺麗だけど、なんだか寂しい、

そんな雰囲気で、

昔、よく聴いていた歌を思い出しました。

人も、誰も歩いていないし、

なんだか、不思議な感覚でした。

森の中とかでもないのに、この辺には本当に綺麗な花がたくさん。

可愛らしいピンクの花も見つけました。

これらの花の名前を覚えていたいのに、

名前がわからないことが残念に思えるような、

そんななんだかやっぱり不思議な気持ち。

 

鳥が水たまりで、水浴びをしていました。

こんな間近で水浴びを見たのも、人生初だし、

なんだか、何かが起こる映画のプロローグみたいだななんて思いながら、

歩き進んでいきました。

 

そして、ふと横を見ると、フェンスの向こうに、

とっても古そうな墓地を見つけました。

海外の墓地って、花で綺麗に寂しくないようにされているのに、

こんな荒れ果てた墓地があるんだなと、

なんだか思わず見入ってしまいました。

 

「ここは、Jewish cemeteryっていう場所だ。」

 

いきなり後ろから、男性の声がしました。

振り返ると、ジョギング中のおじさんがいました。

 

こんな墓地なんかを写真撮ってたから、怒られるのかと思って、

思わずドキッとしてしまったよ。。。

 

「古いユダヤ人墓地だよ。君は、どこから来たの?」

「私は、日本人です。宿のオーナーに教えてもらって、この辺を歩いていたんです。」

「日本人なんて、この辺じゃ見かけないよ。どうしてその墓地が気になるんだい?」

「わからないけど、とても古いので気になりました。」

「それなら、中へ入ってみるといい。あっちへ歩いていくと入り口があるよ。見学は、大歓迎だ。」

「そうなの?ありがとうございます。」

 

本当は、ショッピングモールに行ってみようかと思ってたけど、

まぁ、いいや。モールより、墓地だ。

生徒にもよく言われるけど、私、クレイジーな日本人らしいから!

 

結構大きな墓地で、かなり入り口までも距離はありましたが、

ちょっとどきどきしてました。

地図には載っていない場所を見つけて、地元の人に教えてもらう。

こんなの旅でしかないから。

 

入り口です。

お墓参りをしている、ユダヤ人っぽい人もちらほら。

なんだか、人のいない物語の中に迷い込んでしまったようにすら感じてたけど、

ここでちゃんと一般人がいて、安心しました。

っていうか、好き好んで、こんな墓地に来たのに私、ヘンなの。

 

ここは、1800年に造られたそうで、

やっぱり多くのホロコースト犠牲者が眠っている場所なんだそうです。

 

入り口付近こそ、まだ綺麗にされていますが、

奥へ行くに従って、さっき目にしたような荒れ果てた景色が広がります。

 

そして、これ、入ってすぐに目に飛び込んできた大きな碑。

これを見ると、様々な墓石を集めて造られたものであることがわかります。

ということは、本体や遺骨なんかが、どんな扱われ方をしたのかも、

ホロコーストを色々と勉強してきた今となっては、

予想できるような気がします。

 

端に立て掛けられているこれらもきっと。

奥に行くに従って、どんどん荒れて行きます。

 

もちろん、墓参りをしている人の姿もなく、

静けさだけが存在しています。

怖いという感情なんて、もちろんありませんでしたが、

さすがにさっき見つけた辺りの奥地までは、

暗くて入っていけませんでした。

後から聞いた話ですが、ホロコーストのさなかに破壊された墓石などは、

強制労働の地で、道路舗装の為に使われたそうです。

 

きっと入り口の、大きな碑にはめ込まれているものや、

傍らに置かれた石などは、その当時のものなのかもしれません。

 

ポーランドのユダヤ人のホロコーストに関しては、ずっと関心があって、

このヨーロッパ旅でも、回ってきたりしましたが、

この地図にも載っていない墓地に辿り着いたことが、

まるで導きのようでした。

 

ユダヤ系の人達は、自分のルーツを知るために、ホロコーストの軌跡を辿るそうなんだけど、

私、ユダヤ系でもないのに不思議だ。

 

そして、私は世界的にも有名なその場所に辿り着く予定です。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. うみママ より:

    不思議ですね

    エルサレムが滅ぼされ、バビロンに捕囚されるより以前、アッシリアに滅ぼされ支族としてのアイデンティティを失って行方が分からなくなった10支族の1つが日本人の祖先になった話、私は結構信じているので、記事を読んでとても不思議だな~と思いました。
    DNAの特徴でも裏付けがあるようで、もしそうだとしたら、ただならぬ導きですよね。
    あっ、都市伝説的な意見なので、聞き流してくださいね~!

comment

関連記事

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、 あとちょっとお付き合いください。     続いてブジェジュンカ村に造られていた、 ビルケナウ強制収容所に到着しました。   ユダ…

続きを読む

ラパスの月の谷へと行く・・・のだけど

目的地の月の谷へは、学生広場より乗り合いバンで行くという情報しかありません。   乗り場があるの? どうやって乗るんだろう??   疑問は尽きないけど、行ってみるしかありません。 …

続きを読む

ヨーロッパ旅のはじまり。さあ、ここからが長いんだ

いよいよヨーロッパへと出発。 今日のポーランド行のフライトは、7万で買ったチケット。 しかし、アブダビ、ベルリンと2回乗り継いで行きます。   しかもクラクフの上を通り過ぎてベルリンなので、…

続きを読む

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

バラナシで見た火葬のお話です。 写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。 たくさん薪が置かれている場所に到着し、 ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガート…

続きを読む

瑞芳駅から九份への行き方

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう! 再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。 次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、 九份です。   前…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所2

すぐに、この第一収容所の中でも、 特別な展示物のある部屋が登場しました。   そもそも当時、すでに先進国だったドイツ。   しかし、第一次大戦で敗北したドイツは、 戦争によって膨ら…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link