旅日記 ポーランド クラクフ

クラクフのローカルなマーケット見つけた!!

投稿日:2016-09-05 更新日:

再び散策へと出かけます!

オーナーから教えてもらった、まだ行っていないエリアへ。

 

宿から中心部とは真逆の方へ。

カジミエシュ地区よりもっと奥へ。

持っているガイドブックを置いて、

オーナーにもらった地図を片手に出かけます。

 

 

やっぱり日本のガイドブックには、

載っていないものも載っていて面白いです。

 

まだ見ぬ場所を冒険していると、本当にワクワクします。

なんかこう、しがらみとか、

自分が負けそうになる体裁とかから解放されてく感じ。

 

人間、優等生じゃなくてもいいんだよって、

自分そのものを受け入れられているような自由さ。

そんなの見知らぬ場所しか、わかってくれない。

 

心地いいです。

やっぱり旅が好きだ!!

 

まずはさっそく、古びた教会を見つけました。

でもなんか、この教会、見たことがあるような気がしたんですよね。

映画とかで見たのかなぁ???

ここもクラクフ市内ではありますが、

中心部とはかなりガラッと雰囲気変わります。

観光客も歩いていなくて、完全ローカルエリア。

 

錆びた陸橋があります。

 

中心部へ向かう観光バス~!!ばいばーい!!

 

そしてさらに歩いていくと、マーケットがありました!!

スタリ・クレパシュとは違って、

ここは、完全に地元の人向けのマーケットって感じです。

 

ポーランドの花屋は、ほんとに華やかでいいなぁ!!

 

パン屋さん。クッキーもたくさん売ってますね。

 

服屋さん。

もちろん、野菜も売っています。

で、ポーランドではとっても安くておいしい、

ブラックチェリーやいちごなんかも、もちろん売ってはいたのですが、

もう、営業も終わりかけだったらしく、ほぼ残っていませんでした。

さらに奥の方へ歩いていくと、小屋みたいになっているエリアが。

もちろんここも、マーケットのつづきで、 

お肉屋さんとか、レストラン、雑貨屋さんなんかがありました。

でも、結構、営業終了してるっぽかったです。

 

ここは、早めに来た方がいいマーケットなのかもなー。

 

1件だけ、飾り付けが派手で、気になっちゃったお店。

 

さて、まだまだ奥地へと散策に行きましょう!!

そして、そんな冒険心を刺激する場所に出会ってしまったのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    写真の黄色い細長い物が揚げたてのフライドポテトに見えちゃって、おいしそう(^_^;) 笑
    食いしん坊ばんざーい!!

  2. ぐるくんのからあげ より:

    なるほど

    外国のマーケットは、国によってずいぶん違いますね。

    記事にもありましたが、花がたいへんきれいですね。

    食べ物は、国によって好みが違うので、ずいぶん違いがあるのでしょうね。

comment

PREV
心から大好きな宿に出会えたよ!POKOJE GOSCINNE SUN
NEXT
古いユダヤ人墓地「Jewish cemetery」

関連記事

悲しい場所に行くのに笑みがこぼれてしまうのは。。。

4時起床。 宿をそーっと出ました。     今日は、ずっと、ほんっとうにずーーーーっと、 行きたいと思っていた、 アウシュヴィッツ(オシフィエンチム)へと行く日なのです。 &nbs…

続きを読む

昨日の敵は今日の友だと、切実に想う

よーーーーうやくヤマトへ戻り、 岡村さんへお礼を言ってトゥクトゥクを降ります。 すると、いつもヤマトの下にいるドライバー3人衆が集まってきて、 しばしお話タイム。   この3人衆、かなりキャ…

続きを読む

オートリクシャーでもっとアーグラーの穴場へ

さて。 ホテルへ預かってもらっていた荷物を取りに戻ったら、いよいよ再出発です。   さらば!アーグラーのおサルさん達。 やっぱり君達、部屋の前まで来てたんだね。  宿を出てすぐに声をかけてき…

続きを読む

台湾のローカルなローカルな何もない駅”八堵”

はい。 四苦八苦しながら、なんとか平渓線の旅へ向けての電車にやっと乗れました。 車窓の景色は、段々と都会を離れていき。。。   やがて、山ばっかり見え始めました。   平日の午前中…

続きを読む

ごめんね。もう一緒に歩けない。

久しぶりに爆睡しました。 すっかり疲れ切っていたので、 夜中一度も目が覚めないってのはほんとに久々でした。   今日は、次の地バンコクへの足確保の日。 で、朝支度をしようとしたら、が~ん。。…

続きを読む

メコン川の上で、生まれた場所の空を思い出す

ツアー最後は、リアルジャングルクルーズです。 この小舟でメコン川を渡っていきます。 漕ぎ手はちゃんといますよ。 これねー、2年前に乗った時、恐怖で身動きできなかったんです。 でも、ハロン湾でも乗ったし…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link