旅日記 中国 上海 空港からの移動・旅先での移動など情報

一カ国目、上海に到着

投稿日:2014-01-16 更新日:

関空を飛び立ち、なんだかんだウォークマンを聴きながらウトウトしていると、

あっという間に中国が見えてきた。




なにはともあれ、記念すべき一カ国目、中国に到着!

 

飛行機をずらしてもらってもなお、トランジットが6時間くらいあるので

リニアに乗って街へ行ってみることにしました。

しかし、テンションがあがらないからか、あまり旅に出た感がないんですよね。

ときどき、そんな旅がある気がする。

 

リニアの乗り場までは、、、ちょっと迷いました。

絵で見て、だいたいあれかな?と思っていたのが当たっていたにしろ、

漢字もよくわからないし、英語もこう言うの?って感じ。

これ、真ん中に書いてある”磁浮”っていうのが、正解でした。リニアのことです。

上海、ちょっと出るだけだと思って、前日にちょこっとだけ下調べしただけだったんですよね。。漢字だし、大丈夫かなってなめてたら、いきなりこれですから。

そして、ハラハラおろおろの束の間の上海時間となるのです。

 

リニアの車内は、こんな感じ。

電光掲示板には、現在何キロってのが表示されます。

 

でもって、カーブで物凄いスピード上げるんですよ!!

絶叫系苦手な私はもう、一瞬恐怖でした。。。

(ちょっと列車事故が気になっている)

 

車窓の景色はこんな感じ。

 

はるこー、一緒に来たなー。

逆光だけど、一人じゃないんだって心強く感じられて、ちょっと救われる。

 

でもって、ここから初中国に対して、超愚痴のオンパレードになります。

 

まぁ、しっかり調べてこなかった私が悪いんですけどね。

まず、リニア終点で降りるって書いてあったので、

勝手に何駅かあるのかと思い、降りていく人達を座って見送ってたら、

なに座ってんの?この人

みたいな冷たい目で見られまくり。

で、空気読みましたよ。

ああー、ここなのねーと冷たい視線を気にしないふりで降りる準備。

 

だけど、

一駅しかないじゃん!!

それに、ラストだよ!とか、教えてくれればいいじゃん!(-“”-;)

 

気を取り直して! 

ここの駅で乗り換えます。

で、地下鉄2号線に乗り換えて、とある場所へ向かうわけなのですが。。。 

私がネットで調べたのは、”陸家ロ背駅”ってとこで降りるってこと。

 

でも、券売機の画面で探しても探してもそんな駅ないんです!

 

おかしいなー。2号線で合ってるはずだけど。。。

他の線を見てみても見当たらないんです。

 

でもって、超自分勝手な愚痴を言わせてください。

 

中国人、、、つめたいよ。。。

 

今まで、いろんな国で、ちょっと迷っていると、

大体、誰かが声をかけてくれて。

一緒に探してくれたり、他の人に聞いてくれたり。。

 

いや私が甘ちゃんだったんだよ。そんなこと気にしてても仕方ないし。

うん。。。これが一人旅の洗礼なんだ。

  

私は、なんか初めて、完全なストレンジャー感を味わいました。

  

すぐそこにいる駅員も無視するんです。

明らかに、気付いているのに。

 

人生ゲームに例えて、ルーレット回してみよう。

空港戻る?

 

いやだ!!

絶対、NO!!

 

だって、やらない後悔よりやる後悔って、旅に出たら決めてるんだもん!!! 

くそぉー。絶対、自力でみつけてやる!!

  

。。。

 

。。。。

 

 

あれ?もしかして、これか???

 

それらしき駅をやっと発見。

 

あのですね、私が見たサイトの漢字が、日本の漢字風にしてあったのか、

それらしき漢字を適当につけたのか、

それで、いくら探してもなかったわけです。あーあ。ガイドブックちゃんと見ないから。。。

 

で、正しい駅名はこれ。 

まあ、ちょっと時間はかかっちゃったけど、

街へ行ってみましょうかね!街へ!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 中国 上海, 空港からの移動・旅先での移動など情報

執筆者:


  1. HIDE THAI KhonKaen より:

    私は上海の長いトランジットで苦い経験しか残ってないですね。
    タイ人に道を尋ねるときは必ず3人以上の人に聞くといいでしょう。微笑んで適当に教える人が多いからです。なぜなら分からないと答えると相手が困るから適当に答えてあげるのがいいと考える優しい?人々なのです。
    大きな心を持ちましょうね!

  2. エルキャット より:

    初日からいろいろと大変でしたね。

    こんばんは。上海ではちょっと苦労されたみたいですがサヨさんの本音と強い意志も見れて読み応えがありました。

    中国では最近話題になっていたPM2.5は大丈夫でしたか?
    写真を見る限りではマスクしてる人が居ないように見えますが・・・

    現地での食事は大丈夫ですか?暑かったり寒かったりしていないですか?
    結構しっかりされている方だと思っていますがちょっと心配になったりしています・・・

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
いよいよ旅へ
NEXT
上海の街をかるーく散策しよう

関連記事

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。   このお寺は、森の中にある寺院。   池があり、 この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。 この日も、カップルがちょうど手…

続きを読む

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

クトナー・ホラ、セドリツは思ったより誰もいないっす

乗り換え駅、コリンから乗った電車はこれです。 今度は、プラハから来た時の列車とは違って、ローカル感たっぷりの電車です。 だいぶ電車の中も、ECと各駅とでは違いがあって、写真撮りたかったんだけど、 隣の…

続きを読む

引き続きアンコール遺跡巡り~パプーオン

さて。次なる遺跡は、、、、パプーオン寺院と思われます。 ここも引き続き、スメール山を象徴する寺院だそうで、 シヴァ女神に捧げるために建設された寺院だったそうです。 呉さんが全ての遺跡を回りたいと言って…

続きを読む

もう許すまい!と思った日

島散策を終え、再び船に乗り込んで、   メコン川を走っていきます。 2年前に来た時は、このメコン川に感動してたなー。 ガーガー あひる達も泳いでいます。 可愛い!! メコン川の風は気持ちがい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link