旅日記 ハンガリー ブダぺスト 世界のごはん・お菓子

ゴルゴンゾーラチーズ入りアイスと青空のブダペスト

投稿日:2016-08-07 更新日:

今の日本人宿は、facebookでいいねを押すと、

一回無料で洗濯機を貸してもらえるとのことだったので、

押しましたと言いに行ったら、すっごい嫌な空気感出された。。。( ̄_ ̄ i)

 

ずーっと旅人に出会えなかったのも残念だけど、

本当の管理人さんがいなくて、代理人の旅人が残念な人でした。

何か聞きに行っても、いつもソファーで仰向けになって寝てるし。

偉そうにも言わせてもらうと、旅人としては、そういうの注目して見てます。

 

 

とりあえず、今日も出かけます!

昨日、日本人音楽家たちに出会ったので、

いつもの音楽学校も、なんか特別に感じます。

彼らにとっては、フランツ・リスト氏は特別すぎる特別みたいですね。

 

尊敬する音楽家の学校へ通って卒業し、

プロとして世界で活躍するほど、

自分の夢に誇らしいことはないですね。

今日も、ブダペストはいい天気。

 

昨日、教えてもらったとってもおいしいというアイスクリーム屋さんへ。


ハンガリーはほんとに優しい店員さんが多いけど、

このアイス屋の店員さんもとっても優しいです。

 

しかも、アイスの種類もかなり変わり種が多くて、どれ食べようって迷う~。

とりあえず、昨日おススメされたゴルゴンゾーラチーズ入りのアイスと、

なんの幸せの種かわかんないけど、Happy Seed味。

 

2種類選んで、570ht=270円くらい。

このボリュームは嬉しい!

どっちも変わった味。


ゴルゴンゾーラは、ほんとに刻んだチーズがふんだんに入っているし、

ハッピーシードは、スターバックスでモカチップのフラペチーノをいつも選択する私には、

すっごく好きな食感。


この、ラドノーティ・ミクローシュさんの隣で食べました。

彼はハンガリーのポエマーでした。


ユダヤ人である彼が辿った運命を思えば、このどこか哀愁のある、

まるで残影のような姿像には、納得です。

今は、私には穏やかになったブダペストの街で,

一緒に過ごしているように見えます。


そして、まだ行っていなかった

聖イシュトヴァーン大聖堂

ここも、ブダペストではとても規模の大きい聖堂なので、観光客もたくさん。

名前のイシュトヴァーンは、ハンガリーの初代国王の名前です。


中には、彼の右手のミイラも展示されています。


やっぱり、天井まで造りが凝っていますね。

 

大聖堂の前は広場になっていて、一人劇をしているお姉さまがいました。

クラクフの広場にもいたんですが、いつもいる人。

 この人も登場率高いそうです。

 

一日中、こうして劇をしているのでしょうか。


ちなみにクラクフでいつもいた人は、全身茶色づくめの鳥の人。

あれは、イカロスのコスプレかな?

この人は何だろう。

ちなみに、ブダペストでハンガリー土産を買うには、

中央市場が一番安くていいですが、

この大聖堂の周りにもお土産屋さんがたくさんあります。


日本食レストランっぽいとこ見つけたけど、

まだOPENしてなかったみたいで残念。

今日も、ブダ側の景色は綺麗です。


そして今日は、ちょっとだけ北側へ。

またまた面白いブダペストの発見に出会えました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    アイスクリーム

    昔のソ連のハバロフスクでのことです。

    衛生上の理由でほとんどの生ものは食べられませんでしたが、屋台のアイスクリームとお茶は食べたり飲んだりすることができました。

    そのアイスクリームが実に美味しかったです。

    今日のブログを読んで、そのことを思い出しました。

comment

PREV
ハンガリーで情熱に出会う
NEXT
私の憧れの人は、こんなんじゃなーい!って叫びたかったハンガリー衛兵交代式

関連記事

せこすぎるタダ飯男に腹が立った事件

インド、ほんっと暑過ぎて、夜中に暑さで何度も目が覚めて、 ようやく朝を迎えました。 サンタナは、バックパッカーには嬉しい朝食付の宿なので、 屋上の食堂へと行きます。     昨日の…

続きを読む

ペルーの色を感じて

想像を遥かに超えて大都会だったリマを、 バスで出発してすぐに、 窓の外には、こんな景色が拡がりだしました。 そうそう。 私が、イメージしてたペルーの色ってこんな感じ。   そりゃ、都心部は、…

続きを読む

アブダビ空港のサービス力に心躍る そんなトランジット

さあ、いよいよアブダビ空港に到着するのです。 朝食もしつこくジャパニーズセットを押し付けられたけど、 断固NOで普通の方をもらいました。 断ったのに、数秒後また勧められるという劇推しっぷり。 外国人の…

続きを読む

ハノイの街並みとドンスアン市場

今日は、次の移動の足と、念願のハロン湾ツアーを探したいのです!! 特に、わざわざもう一回ベトナムへ来たのは、ハロン湾に行きたいっていうのがとても大きく、 これだけは逃せません!   さあ、再…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

ウィーンの犯罪博物館 いきなり衝撃的

私がウィーンに行ったら来たかったNo.1の場所、 クリミナル博物館(犯罪博物館)に到着したのでした。   ちなみにかなり路地裏にひっそりとわかりにくい感じであるここですが、 かつてはここもゲ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link